Geartics (ギアティクス)
あんるむ。

ゲームは主にPC版R6S、原神、DBDやってます ゲーミングデバイスや購入した物のレビューしていきます。 総額200万越え

3,875 views
25,131,582 円

使用ゲーミングデバイス

¥ 19,800
手が小さめの私には、最高の神キーボードでしたが矢印キー等無いのが不便に感じDucky One 2 SF RGB 65% version銀軸へ乗り換えました。
¥ 28,000 で購入
万人受けするのは、個人的にこれ1択って感じです。 EQ好きな様に弄れます。 使用者も多いのでググればおすすめEQ設定がすぐ見つかる。 日本未発売時に購入したのでガチ高い。
¥ 31,706
定位良いですが、EQ設定は、フリーソフト使用しないと出来ない。 自分の銃声うるさくて敵の音聞こえづらいことありますが、fps以外の用途最高です。自分には合いませんでした。
¥ 26,000 で購入
最高の神ヘッドセット。 フィット感、音質、定位最高です。 残念なのがイヤークッションの耐久性が余りないです。 新品で購入後11か月で破れました。 ゼンハイザー以外のイヤークッション有りますが、音質、定位を維持したいなら純正の交換用イヤーパッドを付けるしかないです。ゲーム以外にも映画鑑賞、音楽鑑賞も良い音で聞けます。
¥ 3,940
これ以外今のところ使えません。 滑りやすく、止めやすい。
¥ 16,800
アクチュエーションポイント、耐久性、押下圧いいけど打鍵音うるさくて売りました。 キー押して戻る時、金属音がする。
¥ 70,000 で購入
最高のモニターです。ヌメヌメ、ブラックフレーム挿入技術で世界変わりました。欠点は高いw Amazonで値段の変動が激しく7万で購入しました。
¥ 16,000 で購入
ps4で使用する分には、コスパ最強です。 ナイトクリアビジョンで影にいる敵がかなり見やすかったです。
¥ 19,700
意外と座り心地良くて、良かったが私の車の座席のが座り心地良くて疲れませんw オットマン出さずに180°に倒して寝るとひっくり返りますw
¥ 30,322
昇降式デスクが欲しくて購入。硬すぎて上下させるの大変です。重い物載せてもグラつきなし。耐荷重100kg
¥ 14,000
最高の神マウス 前は月1ペース使用マウスを変えてましたがこのマウスにしてから買い替えること無くなりました。 ただマウスの表面がサラサラしてるので持ってると滑る事があります。
¥ 1,680
そんなに滑りは良くない気がします。ハイパーグライドがスピード(滑り重視)系でCore Padはコントロール(止め重視)系って感じです。
¥ 2,099
デザイン好きです。大体のDPケーブルにある硬いボタンを押しながら引き抜く事がない(ボタンなし)ので楽 モニターに出力される色が濃いくていい。
私が使用しているのは、銀軸です。 以前Ducky One 2 Mini RGB 60% version メカニカルゲーミングキーボード (Cherry MX Silver)を使用していましたがゲーム以外用途が少し不便なのでこちらに乗り換え。 凄く使いやすいかつ、コンパクトです。 キーは、1億ストロークの耐久性です。
¥ 4,980
G PRO wireless使用する前に使っていましたが神マウスですw マウスの後ろ側が高めになっているのでコントロールしやすいです。 ただマウスパッドによっては、ポイント飛びが起きたりするので注意。(柄とか入ってる奴)
¥ 5,980
G PRO wireless使用する前に使っていましたが神マウスですw マウスの後ろ側が高めになっているのでコントロールしやすいです。 ただマウスパッドによっては、ポイント飛びが起きたりするので注意。(柄とか入ってる奴)
¥ 3,980
うーん 普通です。 手が小さい人には厳しそうです。 The standardって感じのマウスです。
¥ 14,000 で購入
個人的に音質はあまり良くないように感じますが値段を考慮すればコスパ高いです。 マイク音質も微妙です。 このヘッドセットvcが凄くハウリングします。音漏れが凄いのかな⁈ ソロでPT組んでやらない人にはいいと思います。 後、軽くて首が疲れにくいです。 ゴミ(使用されてる方には、申し訳ない)
¥ 12,000 で購入
ミュートボタン押している間しかミュート出来ないのは、致命的 音質、定位は個人的には残念でしたw 特にいい事はないです。買って後悔しました。 お金の無駄。
¥ 16,980
おっ、めっちゃいいと思ったけど、G PRO wirelessより全高が低くコントロールしずらかったのとサイドボタンが押しづらい。 サイドのラバー加工してあるのは良かった。クリックの戻りが軽くて連続でタップしづらい。掴み持ち、つまみ持ちには、最高のマウスだと思います。
¥ 13,000 で購入
フィット感良いけど兎に角デカイw ホイールのチルト機能いい。
フィット感凄く良い。デカすぎて合わなかったけど手大きい人にはかなりおすすめだと思います。 サイドボタンも大きめで上ら辺についてるので凄く押しやすい。
滑りやすくて止めやすいけどリセールバリューの高さに負けメルカリで売ってしまったw 物は凄くいいです。
¥ 14,500
正直スカウトモード使いもんにならないです。余計な環境音拾います。特にfpsはスカウトモードOFF、アナログ推奨。 ボイスチェンジャーめっちゃ楽しいですw
¥ 12,000 で購入
緑軸買ってて言うのは、あれですが、、、 とにかく、うるさいですw 後、アクチュエーションポイント高くてキーストローク長いので反応悪く感じます。 1人部屋での書類作成には、打鍵音が爽快で最高です。 pt組んでゲームする時は、かなり害悪だと思いますw イキリCSマウサーでマイクに打鍵音響かせたい方には、うってつけのキーボードです。
¥ 14,980
光デジタルケーブルを使う為、装着 雑音もなくいい感じです。 ゼンハイザーGSP600と相性が悪いのか、ソフトウェアのせいなのかVCのマイク音が異常に小さくなります。 AE5自体の性能は、めちゃくちゃ良いんですけどソフトウェアがゴミです EQ設定がバグで弄れないですしVCの声めっちゃ小さくなります 後、毎回設定がバグで保存出来ない 初期に設定戻ったからまた好みの設定にしようとするとバグで操作不能 僕はなってないですがPCとの相性が悪いとフリーズしたりするみたいです。 ゴミ
¥ 1,099
私は-8度くらい下がりました。安いですが結構クオリティ高いです。
¥ 3,650
かなり滑る(今までコントロール系マウスパッドから移行)ように感じますが割と止めやすい。ヒエンのクラシックモデルは、表面がザラザラしたデスク(Bauhutte等)ではマウスパッドが動いたがFXモデルでは改善されてました。
¥ 5,636
かなりコスパいいです。値段以上の価値があると思います。FPSの定位がよりわかりやすくなりました。さらに音楽鑑賞、映画鑑賞に最適です。
¥ 32,000 で購入
特に不満なし。Amazonの評価通りのいい商品だと思います。今のところ温度も50度超えた事ありません。(ヒートシンク装着)
¥ 6,964
最近(2020.6.2)流行りの神マウスと言われているマウス。重量70g 私の手にはあいませんでした。フレックスコードは、クセはなかなかとれないですが柔らかくて軽いです。ソールはテフロン100%でまあまあ滑りやすい方。スイッチは、オムロン製(1ms)でセンサーはPMWのフラグシップ乗ってます。慣れないと後側のサイドボタン押してしまいます。マウス後方は高さが高めですがBenQ ZA-13よりかは低いです。
¥ 32,890
ゲーム、音楽、映画鑑賞となんでもオールマイティに使える最高のモニタリングヘッドホンです。正しくオーディオテクニカ密閉型ヘッドホンのフラグシップって感じです。PC版R6Sで使用した感じだと、定位もかなりいいですが、聞こえ過ぎて若干遠くの相手の距離感が掴みづらい事があります。(近くに感じる) ゼンハイザーGSP600と比較してまず凄く軽いです。280g GSP600は、約360g 再生周波数帯域5hz〜40000hzと解像度がかなり高くサウンドカード(EVGA Nu オーディオカード)でEQを少し弄っただけでかなり音の変化が感じれます。 1つ1つの音が分けられハッキリ聞こえます。 ゼンハイザーGSP600もかなりいいですが、razorクラーケンPRO V2ではそこまで変化は感じれませんでした。 楕円形状のイヤーパッドで慣れればかなり快適です。 インピーダンスは、38ΩなのでiPhone等に接続しても使用可能です。 付属品は、ケース、ポーチ、カールコード(着脱式):片出し1.2m、ストレートコード(着脱式):片出し3m、1.2m 型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ45mm、CCAWボイスコイル ●出力音圧レベル:97dB/mW ●再生周波数帯域:5~40,000Hz ●最大入力:2,000mW ●インピーダンス:35Ω ●質量(コード除く):280g ●プラグ:φ6.3mm標準/φ3.5mmミニ 金メッキステレオ2ウェイ 今までゼンハイザー1択って感じでしたがかなりおすすめ出来ます。世界変わりました笑
¥ 23,594
今までクリエイティブのサウンドブラスターAE5を使用してましたがソフトウェアがゴミ過ぎたのでイギリス製ハイエンドサウンドカードに乗り換えました笑 ソフトウェアは、シンプルで分かりやすく言語に日本語はありませんが見ただけで操作方法を理解出来ると思います。ソフトウェアは、EVGA JPの公式サイトでダウンロード出来ます。 仕様は、出力コンフィギュレーション:2 チャンネル(アナログ) 5.1 チャンネル(S/PDIF経由デジタル) ダイナミックレンジ(DNR) / SN比(SNR):123dB(ステレオ再生) 121dB(Line-In 録音) 再生フォーマット:最大 384kHz, 32bit(ステレオ) 最大 192kHz, 24bit(光出力) ヘッドホンアンプ:16-600Ω(アナログ独立制御  録音フォーマット:最大 384kHz, 32bit(Line-In) 最大 192kHz, 24bit(Mic-In) I/O:ステレオ出力(RCA L/R) ヘッドホン出力(6.3mm) Line-In (3.5mm) Mic-In (3.5mm) 光出力(TOSLINK パススルー) フロントパネルヘッダ プレミアムコンポーネント:D/Aコンバータ – AKM AK4493 A/Dコンバータ – AKM AK5572 オペアンプ(ヘッドホン) – ADI OP275 オペアンプ(Line Out) – ADI AD8056 キャパシタ – WIMA、英オーディオノート、ニチコン レギュレータ – テキサスインスツルメンツ製TPS7A47 / TPS7A33 超低ノイズ電源ソリューション 対応 OS:Windows 10 (64-bit) 接続はマザーボードに挿す(PCIe x1 Gen2) と1x SATA 電源ケーブルが必要です。 RGB LEDで光りますが興味ないのでオフにしてますw まぁまぁ種類有りました。 サウンドに関しては、言う事なしですw どちらかと言うとゲーミングってよりは、ミュージックって感じですかね笑 VCはゼンハイザーGSP600を使う予定でしたが相性が悪いのか、僕のがハズレ個体なのか不明ですが左耳しか音が聞こえなかったので別途マイクの準備をおすすめします。 モニタリングヘッドホンジャックの6.3mmを使用したら両耳から音が出力されました。 デメリットとしては、日本に正規販売代理店は無いので保証はありません。 発送はイギリスからで注文して1ヵ月くらいで届きました。 値段が高い ですが価格に見合った性能、満足感はあります。 2020.7.16 最初定位あんま良くないかもって思ったがサウンドカードにもエージングがあるらしくめちゃ定位良くなりました。 音楽聞いたりはもはや最強です(笑)
¥ 16,500
今のところ少ししか使用してませんがサイドトーンで確認するとホワイトノイズも無く凄くクリアな音質だと思います。 4つの極性パターン(ステレオ、無指向、カーディオイド、双方向)を選択できますが カーディオイドしか使ってないです。 マイクがオンの時、LED ステータスインジケーターが赤く光るのでオンなのかオフなのか分かりやすい。 ミュートもマイク上部にあるマークをタッチするだけでミュート出来るので凄く便利。センサーの反応も良く、範囲も広め。 大体のコンデンサーマイクは防振、耐衝撃マウントは、別売りですがQuadCastは最初からネジで装着済みでマイクの入力部分にはポップガードの役目を果たすスポンジが入っています。 本体下部のダイヤルでゲイン調整出来ます。 本体後ろのヘッドホンジャックでマイク入力をモニター出来ます。3.5mm
¥ 1,259
HyperX QuadCast に使用。 QuadCastに装着する時に固定するゴムのサイズがギリギリで少してこずった。 キツめなので雑に扱っても取れにくそうです。
¥ 3,099
HyperX QuadCast に使用。 HyperX QuadCast の重量が大体400gくらいでキツめに締めて使えます。
¥ 3,270
付け替えは非常に簡単ですぐに交換できました。(爪の部分を合わせて押し込むだけ) 若干純正イヤーパッドより音の変化を感じたので純正の音質が好きな方は、ケチらずゼンハイザーGSP600純正イヤーパッドの購入をおすすめします。
¥ 16,911
4枚挿し計32GBで使ってますが特に不具合なし。 カッコいい。
¥ 15,000 で購入
マウサーの必需品w やはりPCと比べると結構遅延感じます。設定変更アプリはシンプルで分かりやすく説明書なしでも十分いけます。アプリのアップデートは、スマホで。ソフトウェア アップデートには、PCが必要です。 規約違反とかマイナスイメージ強いですが、片手でしか操作できない身障者の方でも、片手用コントローラー用意すればゲームできるかもしれません。
¥ 46,772
コントローラーのフィット感悪いです。 がボタンが多いのでキーボード操作出来ないXIM APEXプレイヤーにはめっちゃおすすめです。ボタン押しづらいので普通にキーボードでやったほうがいいです。 タクティカルアサルトコマンダーG1単体で使った事ないので性能は分かりません。
¥ 1,099
商品名 防水左手カラフルな片手キーボード銃神の玉座左手メカニカルフィールゲームキーボード 激安デバイスでゲームするネタの為に購入。 キー押した感じだと銃神の力は宿って無さそうです。 キーに引っかかりがある感じで押下圧重いです。
¥ 646
商品名 プロフェッショナルアップグレードX9 LED光学5000DPI USB有線ゲームゲーミングマウスPCコンピューターラップトップホームオフィス用4000DPI(Rustle666) 激安デバイスでゲームするネタの為に購入。 4000DPIなのか5000DPIか不明w ゲーミングマウスなのかオフィス用マウスなのか不明w 謎が謎を呼ぶマウスですww マウスパッドに乗せてみると、かなり引っかかるんで、要らないマウスパッドで使う事をおすすめします。 ゴミの中のゴミ
¥ 12,970
マウサーでキーボード操作苦手な人には、神デバイスだと思います笑
¥ 18,000 で購入
オールマイティに何でもこなせます。音質はとにかくクリアです。僕は、価格以上の性能があると思います。2万円以下のワイヤレスイヤホンでは、最高性能だと思います。 オーディオコーデックAPTX対応。 対応コーデックSBC,AAC,aptX 再生周波数帯域20Hz ~ 20000Hz 防水性能もかなり高く音楽聞きながらシャワー浴びたりできます笑 水没しても大丈夫らしいです。
¥ 2,200 で購入
中華製にしてはクオリティかなり高めでした。問題なく使用できます。外観はすべてアルミニウム製で高級感あります。 ダイヤルを回すと2ずつ音量を下げたり上げたりできます。ダイヤル押し込みながら回すと音量を4ずつ調整できます。 ダイヤル押し込みでミュート。 微妙に青色のLEDで光ります。
¥ 51,000 で購入
LogicoolのG913TKLのlinearと悩みましたがこちらを購入しました。設定やアプリをコントロールできる有機EL ディスプレイ(5cm)とメタルローラー使いやすいです。画像も表示させることができます。 メタルローラーの下には、メディアキーが搭載されています。 再生/停止、音量の変更などのメディアコントロールやキーボードのセッティングを、キーボード上で直接コントロールできるようになっています。 本体の幅 × 高さ43.7 x 13.9 x 4 cm デバイスを設定するSteelSeriesのソフトウェアは、説明を読まなくても直観で分かるくらい使いやすかったです。 このキーボードのメリットは、磁気ホール効果センサーを使用したOmniPointスイッチで、ゲームプレイ中は、アクチュエーションポイントを浅く(0.4mm)普段使いは深く(3.6mm)等キー一つ一つを個別にセッティングできます。打ち心地は、気持ちいいですw 0.4~3.6mmの間で調整可能(10段階) 後、キーボード本体の質感、マグネットリストレスト(表面はゴム製でサラサラ)の使い心地は最高でマグネット式なので簡単に着脱可能。 5つのオンボードプロファイル アクチュエーションポイントやイルミネーション、ゲームごとの設定を最大5つキーボード本体に保存できます。FNキー+F9 で直観的に変更可能かつ現在のプロファイルがディスプレイ表示されるので現在どの設定が選択されているかわかりやすい。 凄くいいキーボードですが、キーストロークが深すぎて、私はちょっと苦手なんでG913TKL買いましたw キーストロークを短くする為、静音リング2個付けしても体感あまり変化を感じませんでした。 Ducky One 2 SF サイズでOmniPointスイッチ使ってくれたら間違いなく買いますけどねw 結局、今メインで使ってます 最高です。
¥ 3,300
滑り重視ですが、止めやすい気がします。 ハイパーグライドがスピード(滑り重視)系でCore Padはコントロール(止め重視)系って感じです。
¥ 10,980
問題なく使用出来ている。 コスパいいです。
¥ 32,000 で購入
2020.09.23購入。SteelSeries Apex Pro TKL US配列を購入したばかりでしたが、キーストロークの深さが慣れずロープロファイルのG913 linearを購入しました。 外観のアルミニウムを削り出したようなデザインは高級感ヤバいです。オーラ出てますw言うことなしです。 仕様  長さ:368mm 幅:150mm 高さ:22mm 重量(ケーブル除く):810g ケーブル長:1.8m GLリニア(赤軸) アクチュエーションポイント:1.5mm 押下圧:50g キーストローク:2.7mm 購入してみてよかった点については、 使用してみて、最初は、あまりの薄さに慣れず押しミス等あったが30分くらいで慣れ、非常にタイピングしやすいです。 クイックリーンもSteelSeries Apex Pro TKL US配列を使用していた時よりスピードが上がり、かつ タイプミスが減りました。 タイピング時のキーの押し心地も気持ちいいです。(自分がエリートセールスマンになったかと錯覚するくらいww) インテリジェント テクノロジー、LIGHTSYNC RGBの光も綺麗です。 キーボード本体、箱が良い匂いがするww G913 TKLに搭載されたLIGHTSPEEDは、1msというプロレベルの超高速ワイヤレスで、G PRO wireless同様、全く遅延を感じない。 キートップが手汗や油等の汚れに強い。 悪かった点については、 R6Sで使用してみて、 僕が今まで銀軸を長く使ってきた、OmniPointスイッチを使用後にGLリニアを使ったからもあるかもしれませんが、タイプ時押下圧がかなり重く感じました(リニアなので引っかかる感じは、無い) ソフトウエアの面では、僕はなったことありませんが、バグがあるみたいです。 ファンクションキー以外に、キー変更や、ショートカットを割り振れない。値段が高い。US配列は、G915 という名称になり、日本では販売されていない為、個人輸入しなければならない。 許容範囲内だが、キートップが少しグラつく。 USBタイプCじゃない。できれば、G813 でTKLを出してほしかったww 2020.09.23時点での12時間くらい使用してみてのレビューです。 恐らく暫くの間は、このキーボードに落ち着くと思います。 めんどくさがり屋な僕が気持ちよく少し長め文章をタイピング出来てるんでww 最高のキーボードです。 職場に持っていって使いますww
¥ 440
製品の精度は問題ないが本体の一部に油?塗料?が付着していた。 それ以外は、特に不満なし。3.5インチシャドウベイにもピッタリでした。
Amazonプライムビデオ、YouTubeをベットで寝ながら視聴する為に購入。 最高です。
¥ 21,490
静電容量無接点方式スイッチ採用 APC機能搭載モデル(一体型キースペイサー2/3mm 付属) 静音モデル インターフェイス USB Nキーロールオーバー対応 スイッチ寿命 5000万回以上 キー荷重:ALL30g アプリケーションキー搭載 ケーブル長:約1.6m 昇華印刷 タイピングした感じめちゃ気持ちいいです 笑(セブンイレブンのATMのキーと一緒) 静音タイプで 今まで使用してきたキーボードの中でタイピング音が1番静かでした。 付属のスペーサーでキーストローク変更出来ます。2mmと3mm APC機能で1.5mm、2.2mm、3mmの3段階からアクチュエーションポイントを変更出来ます。 押下圧30g、AP1.5mm、スペーサー3mmで使用。 ゲーム中(レインボーシックスシージ)タイプミスは有りませんでした^ ^ 凄くいいキーボードでしたが、JP配列なのでもう使用する事は、無いと思います笑
¥ 10,700
PC自作界隈ガチキモオタクの洗礼を受けれる電源です。 ドMな方におすすめ。
¥ 2,980
普段、iVANKY 8K DisplayPort ケーブル (DP 1.4) ディスプレイポート ケーブル 8K/60Hz 4K/144Hz HDR 対応 HDCP2.2 HDCP1.4 2mを使用してます。 上記のDPケーブルと比較すると、映像の色が薄くなった。 alt+TABでウィンドウを切り替える時の、切り替わる反応遅いです。 現在は、サブモニターの接続に使用しています。
¥ 20,000 で購入
Display Size 24 インチ ブランド ベンキュージャパン 解像度 FHD 1080p インターフェース HDMI ディスプレイ技術 LED アスペクト比 16:9 応答速度 1 Milliseconds Refresh Rate 144 色 ブラック×シルバー 商品の重量 5.9 kg HDMIだとモニターが対応してない為、60hz迄しか出力されません。 メインモニター買換え迄の一時的にサブモニターで使用してる為、問題なし。
¥ 1,780 で購入
安くてクオリティ高いです。 カラー:ダークブルー 配列:USキー配列 材質:ラバー 18キー 総キー:( Q、W、E、R、A、S、D、F、矢印キー4つ 1~6) 8キー 総キー:(W、A、S、D、矢印キー4つ) Cherry MXスイッチタイプに互換性あり プラスチックキープラー付属 台湾製
¥ 8,800
形は、一番好きなんですがやっぱりwirelessに戻ります。 【握りやすい形状】右手用左右対称型、小ぶりでやや高めの設計が手のひらにフィットしやすい 【安定な使用感】3360センサー採用と安定的なリフトオフディスタンス(Lift-off Distance) 【ドライバー不要】USB2.0/3.0ポートに挿すだけで使えるので、場所やPCを変えても安心 【こだわり】ケーブルの付け根がやや上向きに設計し、マウスパッドとの摩擦感が軽減される 【3サイズ】ZA13-B(S)、ZA12-B(M)、ZA11-B(L)の3サイズで展開
¥ 3,273
キーボード置きと、ラーメンの鍋置きに使ってます。 鍋の熱からしっかりデスクを保護してくれてます。 分厚いので洗った靴を乾かす為の下敷きにもおすすめです。 ゲーミング鍋置きw
¥ 35,280
密閉型 24.5 x 17.8 x 9.4 cm ◆演奏空間を忠実に再現する音像独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ正確に再現。楽器配置や音の響く空気感といった演奏空間全体を広く見渡すことができ、原音のイメージそのままの音質を実現。 ◆プロユースに耐え得る機能性と耐久性ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かした際に発生しやすいノイズを徹底的に低減。人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッドで長時間の装着も快適です。さらに可動部の耐久性や耐落下強度も向上させ、プロユースに耐え得る品質を実現しています。 ◆熟練工によるハンドメイド製造プロフェッショナル向け音響製品を生産しているソニー・太陽株式会社にて製造。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練作業者により手作業で一つ一つ丁寧に造られ、厳しい検査を経て出荷されます 密閉ダイナミック型ドライバーユニット:40mm ドーム型(CCAWボイスコイル)音圧感度:103dB/mWマグネット:ネオジウム再生周波数帯域:5~80000Hz(JEITA)インピーダンス:24Ω(1kHzにて)最大入力:1500mW(IEC測定値)ヘッドホンケーブル:約2.5m(ステレオ標準プラグ)質量:約215g(ケーブル含まず) まだエージング中です。 ゲーム(R6S)では、ATH-M70xの方が定位、相手との距離感が分かりやすいですがエージング中なので変わるかも。 音楽鑑賞に於いては、audio-technica ATH-M70xと比較しても過去最高です。 音楽鑑賞が益々楽しくなりました。自分があまり興味ない曲でも良いと思えるくらいの音質です。(サウンドカードでイコライザー設定しています) FPSには、向いてないかも知れません。 足音とか若干(大きめ)盛られてるように聞こえる 音楽鑑賞に於いては最強クラス ガチ神ですww
PS776 日本正規代理店品 保証10年 RGB LEDを装備するRiing Plus 14 RGBファンを搭載 リアルタイムな稼働状況の確認や設定変更が可能 80PLUS PLATINUM認定取得 ケーブルを着脱可能なフルプラグイン式を採用 低負荷時にファンの回転を停止させる「Smart Zeroファンモード」対応 ±2%以下の優れた電圧制御と低リップルノイズを実現 性能もすごくいいし、保証10年もすごい RGBもめっちゃキレイです。
¥ 717
シリコングリスなのでショートの心配しなくていい。 熱伝導率:12.5W/m・k 粘度:120~170pas 耐熱温度:-250℃~350℃ 色:ライトグレー 容量:1g 付属品:メーカーロゴ入り特製へら x 1 RoHS指令:準拠 非導電性のため、ショートの心配がありません。 80℃の高温においても乾燥が進まない特別な配合を行っています。 長期間硬化せず安定した特性を維持します。 グリスを塗布するのに便利な、Thermal Grizzly社ロゴ入り特製へらが付属しています。 包装袋は再封可能なジッパー付を採用しております。
¥ 15,855
PCの電源を1050W 80PLUS PLATINUMにアップグレードしたついでに簡易水冷にしてみました。 FN1379 日本正規代理店品 保証5年 280mmサイズの水冷ラジエータを搭載 ポンプヘッドに16個のアドレサブルRGBを搭載 静音性に優れた磁気ベアリングファンを採用 統合管理ソフトウェア「iCUE」に対応 簡単取付、メンテナンスフリー 空冷式CPUクーラー 虎徹 Mark IIから変更しました。 core i9 9900Kに、Thermal Grizzly オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリスを使用し、大体、75°くらいだったのが60°くらいまでCPU温度が下がりました。もう空冷には、戻れません。 SATAケーブルから3.3v出力が省略されてるとポンプ部分が光らない問題が起こるので、注意。
¥ 389
1セット3枚入り もう少し枚数多いとありがたい。
¥ 2,980
めっちゃ便利です。 クランプ式でモニターやデスク等色んな所に付けれる。
かっこよくて安い。ATXミドルタワー 【日本正規代理店保証品】国内サポートが可能ですので、安心して保証が受けられます。 【Trelux RGB照明】COUGARオリジナル技術で、フロント部分に3本のRGBを搭載したレンズを採用。パネルのボタンひとつでRGBカラーを変更できます。 【エレガントデザイン】起毛金属のようなフロントパネルは、他のケースとは一線を画すユニークなデザインとなっています。また、入出力パネルはUSB3.0×2、USB2.0×1、マイク×1 /オーディオ×1、がついております。 【強化ガラス】サイドパネルはケース内美しさを最大限に引き出すため、フルサイズの強化ガラスを採用しています。また、内部はグラフィックカード最大3枚(410㎜)まで対応することができますので、より高いフレームフレートで最新のゲームなどができます。 【高い冷却性】前面と最上部に最大360mmのファンを8個、水冷ラジエータを3個取り付けることができ、PC内部に十分な冷却が可能となっています。 冷却性能及び高機能通気: 空冷はもちろん、水冷ユニットにも対応しており、フロントとトップに最大360mmの空冷ファンを8つ、水冷ユニットを3つ、取付が可能です。 優れた冷却性能により、ハイエンドなパーツにも対応可能なため、パーツの選択肢が広がります。 Mini ITX / Micro ATX / ATX / CEB / E-ATXフォームファクタに対応
¥ 16,200
前モデル80gから25%軽量化され62g(白色は63g)になりました。どちらの色も裏蓋を外せば60g切ります笑 付属品で普通の裏蓋とソールが貼ってある裏蓋が付属します。 当然ですがソールが貼ってある裏蓋は普通の裏蓋より重いです。 センサーも前モデル初期型HERO16kから25kに変更。 サイドボタンが4つから2つに減り右手専用マウスになりました。 マウス上部の電池残量表示のLEDが3つから1つになりました。 ロゴのGマークもRGBじゃなくなりペイントになりました。 前から光いらないと思ってたんで個人的にかなり嬉しいw マウス裏のDPI変更ボタンが廃止されました。 ワイヤレス充電のPOWERPLAY対応。 POWERPLAY対応裏蓋は、他の裏蓋より重いです。 40分〜60分充電すれば、最大70時間バッテリー保ちます。 前モデルより左右のクリック感が少し重くなったのと、スクロールホイールもコリコリ感が強くなり重くなった気がします。 マウス本体のスベスベ感ヤバいです(純正グリップ付属してます) ガチでめっちゃ軽いですw 軽すぎてエイム悪くなりました泣 良かったのが前モデルと全高等の大きさ、形状がほぼ一緒で外側中抜きなしで軽量化された事です。 正に完成されたスタイル 神マウスですww
¥ 4,675
FX ゼロの上位互換的なマウスパッドだと思います。ゼロより滑るし、止めやすいです。暫くは、ハヤテに落ち着きそうです。
¥ 2,759
便利でソフトウェアも説明書なしで理解できるくらいシンプルで良いです。
¥ 11,550
¥ 7,300 で購入
¥ 4,400,000 で購入
¥ 8,000,000 で購入
¥ 2,699 で購入
¥ 8,000,000 で購入
¥ 2,540,000 で購入
¥ 164,000 で購入
このプロフィールをシェアする
スポンサーリンク
他のユーザーも見てみましょう
ランキングを読み込んでます
スポンサーリンク
あなたのデバイスを公開してみましょう
豊富なデバイス

マウスやキーボードなど、Amazonに存在するデバイスならすぐに登録できます。

多くのゲーマー

1万人以上のゲーマーが、Gearticsでデバイスを公開しています。

収益化

Twitterのフォロワー数が500人以上であれば、デバイスを公開して収益化できます。
(もっと詳しく)

アカウントを作成
SNSですぐに登録
ツイッターで登録する
ログイン